↑page topHOME会報第9号目次
第9号(2009年12月21日)  目次   星火方正 ~燎原の火は方正から~
 
 
日本政府の公墓支援決まる そして、鳩山総理への提言 大類 善啓 1 PDF形式アイコン
≪関連記事≫ 日本政府の公墓維持管理支援 5 PDF形式アイコン
近現代史を知るきっかけに
    -第5回方正友好交流の会・総会挨拶-
羽田 澄子 11 PDF形式アイコン
映画「鳴呼 満蒙開拓団」への道 (毎日新聞より転載) 羽田 澄子 14 PDF形式アイコン
あの戦争、あの時代 谷野 作太郎 15 PDF形式アイコン
「国家が国民を捨てる」国家イメージを脱却したい
   -『鳴呼 満蒙開拓団』を観て-
江田 五月 17 PDF形式アイコン
映画『鳴呼 満蒙開拓団』 -そして、その先- 千本 健一郎 18 PDF形式アイコン
『鳴呼 満蒙開拓団』に寄せて 滝永 登 22 PDF形式アイコン
日本にとっての「満州」とは 寺本 康俊 24 PDF形式アイコン
遥かなる中国の大地で起きたことを、今、
    自ら眺望する創造力を求めて -『鳴呼 満蒙開拓団』を観て-
佐藤 英之 25 PDF形式アイコン
他人の人生を感じ取るということ -『鳴呼 満蒙開拓団』を観て- 吉家 京子 28 PDF形式アイコン
山形県の小さな町で『鳴呼 満蒙開拓団』を上映して 大場 武男 30 PDF形式アイコン
“満蒙開拓団”我が心の想い -『鳴呼 満蒙開拓団』を観て- 吉川 福太郎 32 PDF形式アイコン
歴史を知って、忘れないでほしい -映画『満蒙開拓団』を観て- 畢 楊 33 PDF形式アイコン
代役が見た映画祭の熱気  第12回ゆふいん映画祭に酔う 奥村 正雄 35 PDF形式アイコン
土橋に腰かけたトーク
  -新潟でも超満員だった「鳴呼 満蒙開拓団」-
奥村 正雄 37 PDF形式アイコン
語り部としての責務 (エキプ・ド・シネマNo.171より転載) 藤原 作弥 39 PDF形式アイコン
中国で唯一存在する日本人公墓は何を語るのか
   (同上より転載)
大類 善啓 40 PDF形式アイコン
≪関連記事・写真≫ 映画『鳴呼 満蒙開拓団』批評記事など
41 PDF形式アイコン
歴史証言の鮮度と賞味期限 -『鳴呼 満蒙開拓団』の場合- 奥村 正雄 55 PDF形式アイコン
中国東北地方について -旧「満州国」に暮らして- 金倉 美佐恵 63 PDF形式アイコン
「満蒙開拓平和記念館」の建設実現を目指して 寺沢 秀文 66 PDF形式アイコン
感傷旅行の記 師岡 武男 75 PDF形式アイコン
物見遊山でない旅 矢島 敬二 78 PDF形式アイコン
満州開拓団と居留日本人の悲劇の跡を巡る旅 酒井 旭 81 PDF形式アイコン
私には亡き母とこの地で亡くなられた
    満洲開拓団員への鎮魂の旅でした
宮下 春男 85 PDF形式アイコン
ハルビン郊外の深い爪痕 高村 壽一 92 PDF形式アイコン
旅後雑感 服部 健治 93 PDF形式アイコン
ソ連軍の満州侵攻は8月7日!? 高橋 健男 96 PDF形式アイコン
今、生かされている者の使命は? 打田 茉莉 100 PDF形式アイコン
水稲王の碑 ハルビン郊外の深い爪痕 高村 壽一 102 PDF形式アイコン
中国と私 -第5回方正友好交流の会・総会記念講演- 武吉 次朗 104 PDF形式アイコン
≪関連記事≫「残留孤児」の方々が中国首脳と会見
    菅原幸助さんの記事など
115 PDF形式アイコン
中国養父母への感謝の義捐金募集 (財)兵庫県海外同友会 116 PDF形式アイコン
もうひとつの“炮台山” 高橋 健男 117 PDF形式アイコン
大阪にもある「満蒙開拓団」碑 中務 武志 121 PDF形式アイコン
方正県設立100周年記念行事に参加して 大類 善啓 122 PDF形式アイコン
忘れ難き歳月 福地 正博 125 PDF形式アイコン
日本に残留し定住したある中国人
   -在日華僑・韓慶愈が生きた「もう一つの昭和史」- 第5回
大類 善啓 135 PDF形式アイコン
方正友好交流の会へのお誘い 編集部 142 PDF形式アイコン
書籍案内 報告 編集後記 編集部 143 PDF形式アイコン

↑page topHOME

Copyright (C) 2007 Houmasa. All Rights Reserved

入会案内

.

星 火 方 正

方正友好交流の会

お問合せ先

「方正友好交流の会」
    事務局

1010052 
東京都千代田区神田
小川町3-6-4F
(社)日中科学技術
文化センター内


Tel
 03-3295-0411
Fax 03-3295-0400
Mail ohrui@jcst.or.jp

役員人事

会   報

書   籍

~燎原の火は方正(ほうまさ)から~